2014年

◆2014.12.7(日)

ロシア語教育研究集会・総会@慶應義塾大学
◇日時:12月7日(日)11:00 - 17:00
◇場所:慶応義塾大学 日吉キャンパス 第6校舎(1階)J612教室
〒223-8521 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1

▼ 第1部 11.05-12.30
〜科研報告〜  
全国6言語アンケート調査結果(最終報告)とロシア語教育の方向性
「大学間,高等学校−大学間ロシア語教育ネットワークの確立」(研究代表者:林田理惠)

林田理惠 (ХАЯСИДА, Риэ)(大阪大学)
宮本友介 (МИЯМОТО, Юсукэ)(大阪大学)
佐山豪太 (САЯМА, Гота)(東京外国語大学院)

*基盤研究(B) 23320114(平成23〜27年度)

▼ 第2部 〜研究報告〜13.30-16.00
司会 柳町裕子 (ЯНАГИМАТИ, Юко)(新潟県立大学)

"О конференции по детскому билингвизму (2014)" Хамано, Алла (浜野アーラ)(東京外国語大学)
「ロシア語教程に「硬・軟母音」という概念は必要か」 黒岩幸子(КУРОИВА, Юкико) (岩手県立大学)
「発音するロシア語〜日本人の場合〜」  一柳富美子(ХИТОЦУЯНАГИ, Фумико)(東京芸術大学)

▼16.00-17.00 総会

◆2014.10.19(日)

継承語セミナー2014@東京外国語大学
日本社会におけるバイリンガル教育の現在

―子供のためのロシア語―

※日本ロシア語教育研究会・日本ロシア語学校教師会共催

◇日時:10月19日(日)10:00 - 17:30
◇会場:東京外国語大学府中キャンパス 
◇会費:500円(ご夫婦で参加される場合はお一人様のみお預かりします)
▼ 第一部 
(1)「第2回シンポジウム、その後」 ラーダ・クルィス(日本ロシア語学校教師会コーディネーター)
(2)「日本語教育と年少者教育」 小林幸恵(東京外国語大学留学生日本語教育センター教授)
(3)「子供バイリンガルと言語環境の問題」 山下万里子(東海大学名誉教授)
(4)「なぜ私たち夫婦がバイリンガル教育が必要と考えているのか〜我が家のケースと具体的な取り組み」 杉浦修一(保護者)
(5)「子供のバイリンガル能力伸長に最適な環境について」 ナタリア・ティモシェンコ(御茶ノ水女子大学博士課程)
▼ 第二部
(6)「『ロシンカ』体験レッスン」 タチアナ・シプコーヴァ(『ロシンカ』ロシア語学校代表)
(7)「子供バイリンガルのための、発音の困難の克服方法」 イリーナ・サヴェリエヴァ(駐日ロシア大使館付属小学校教員)
(8)「はじめまして、子供発育センター『ラードゥガ』です!」 高橋ジャンナ(同センター代表)
▼ 第三部
  パネリストへの質問と参加者体験談の発表、意見交換





◆2014.09.20.(土) - 2014.09.21(日) サマーセミナー2014@新潟
  隣語を通じて「つながる」言語教育 ―中国語、韓国語、ロシア語の取り組み―


※日本ロシア語教育研究会サマーセミナー、新潟県立大学国際地域学部外国語教育セミナー 共同開催

◇9月20日(土)13:30 - 18:15
▼ 講演 
  「『形が残る成果物』から始めるインストラクションの設計」
    講師:山崎直樹氏(関西大学 / 中国語)
▼ 実践報告1
  「スモールステップを紡いで『“できる”ようになる』授業づくり」
   講師:山下誠氏(神奈川県立鶴見総合高等学校 / 韓国語)
▼ 実践報告2
  「ロシア語の取り組み ― ロシア船訪問交流活動 実施報告」
   講師:角谷昭美氏(富山県立志貴野高等学校 / ロシア語)
▼ 全体討論
        ※20日のプログラム終了後に懇親会を予定しています。

◇9月21日(日)10:00 - 12:30
▼ ワークショップ
  「内容重視型の外国語教育?実践編:「教科書を教える」からの脱却」
   講師:横井幸子(大阪大学 / ロシア語)

?

?


◆2014.06.15.(日) 西日本地区 研究例会
時間 : 13 : 30 - 16 : 45
場所 : 大阪大学 豊中キャンパス 言語文化研究科2階大会議室

▼13 : 30 ‐ 14 : 30
「日本の大学生向けロシア語教育の特質.モティベーションの問題.会話力向上のための授業例」
(アナスタシア アニシモヴァさん, 神戸市外国語大学)
▼14 : 30 ‐ 15 : 00 質疑応答
▼15 : 00 ‐ 15 : 30 休憩
▼15 : 30 ‐ 16 : 00
「ロシア語教育実情調査 ― 将来的展望と中等・高等教育機関連携の可能性 ―」
(林田理惠さん,大阪大学)
▼16 : 00 ‐ 16 : 45 意見交換

ОЧЕРЕДНОЕ СОБРАНИЕ ЗАПАДНОГО ОТДЕЛЕНИЯ
Время: 15-е июня (воскресенье), 13 : 30 - 16 : 45
Место: Осакский университет, кампус Тоёнака, корпус факультета языка и культуры (Graduate School of Language and Culture), 2 этаж, большой конференц-зал.

▼13 : 30 ‐ 14 : 30
Особенности преподавания русского языка японским студентам. Проблема мотивации. Примеры уроков по развитию речи.
(Анастасия Анисимова, университет иностранных языков города Кобе)
▼14 : 30 ‐ 15 : 00 Ответы на вопросы
▼15 : 00 ‐ 15 : 30 Перерыв
▼15 : 30 ‐ 16 : 00
Русский язык в школах Японии: возможности сотрудничества между общеобразовательными учреждениями и вузами, а также перспективы такого сотрудничества.
(Риэ Хаясида, университет Осака)
▼16 : 00 ‐ 16 : 45 Обмен мнениями по разным вопросам

◆2014.04.05.(土) 東日本地区 研究例会
時間 : 13 : 00 - 17 : 00
場所 : 東京外国語大学 研究講義棟 115教室
報告(報告時間には質疑応答15分間を含む)
▼13 : 30 - 14 : 15
Заявка на ≪Cекцию "Русский язык (как иностранный или другой родной) для школьников" в программе ICCEES≫ - предложение и обсуждение.
(Хамано Алла)

▼14 : 15 - 15 : 00
Чему мы можем поучиться у греков?
(Шатохина Ганна)

▼15 : 00 - 15 : 15 休憩
▼15 : 15 - 16 : 00
「領域に特化した語彙学習 ー特定作家と形態論のテキストを例にー」
(佐山豪太)
▼16 : 00 - 16 : 45
「読解から文化理解へ〜中級・上級クラスにおけるテーマ設定型授業の試み」
(毛利公美)
▼16 :45 - 17 : 00 協議・懇談

◆2014.03.05.(水) 西日本地区 研究例会
時間 : 13 : 00 - 17 : 10
場所 : 大阪大学 豊中キャンパス 言語文化研究科2階大会議室

▼13 : 00 ‐ 16 : 30 ワークショップ
▼13 : 00 ‐ 13 : 35
「データベースソフトによる教材作成,円滑な教材提示,授業の活性化」
(神谷健一先生 大阪工業大学)
▼13 : 40 ‐ 14 : 15
「データベースソフトを利用した教材作成支援ツールのロシア語授業における実践」
(三浦由香利)
▼14 : 15 ‐ 14 : 25 質疑応答
▼14 : 25 ‐ 14 : 40 休憩
▼14 : 40 ‐ 16 : 40
「フラッシュ型 例文・対訳作成ツール」「短文穴埋め問題作成ツール」「動詞変化形提示ツール」の操作とデータ作成
(神谷健一先生,三浦由香利,高木美菜子)
▼16 : 40 ‐ 17 : 10 意見交換

ОЧЕРЕДНОЕ СОБРАНИЕ ЗАПАДНОГО ОТДЕЛЕНИЯ
Время: 5-е марта (среда), 13 : 00 - 17 : 10
Место: Осакский университет, кампус Тоёнака, корпус факультета языка и культуры (Graduate School of Language and Culture), 2 этаж, большой конференц-зал.

▼13 : 00 ‐ 16 : 30 Рабочий семинар
▼13 : 00 ‐ 13 : 35
Составления учебных материалов при помощи программного обеспечения баз данных с целью более доступного представления материалов и активизации уроков
(Камия Кэнъичи, Осакский технологический институт (Osaka Institute of Technology))
▼13 : 40 ‐ 14 : 15
Опыт работы по использованию инструментов для составления учебных материалов при помощи программного обеспечения баз данных на уроках русского языка
(Миура Юкари)
▼14 : 15 ‐ 14 : 25 Ответы на вопросы
▼14 : 25 ‐ 14 : 40 Перерыв
▼14 : 40 ‐ 16 : 40
Работа с инструментами "Программа для создания двуязычных флеш-карт простого предложения (bilingual sentence flashcards maker)", "Составитель заданий множественного выбора (multiple-choice quiz generator)", "Показатель спряжения глаголов (inflection presenter)" и создание соответствующих им баз данных.
(Камия Кэнъичи, Миура Юкари, Такаги Минако)
▼16 : 40 ‐ 17 : 10 Обмен мнениями по разным вопросам

inserted by FC2 system